会社設立時の資本金の決め方

会社の設立に当たって、資本金を決める際は、その後にかかってくる税金のことも考慮して決める必要があります。

その中でも注意しておきたいのが消費税です。

資本金が1,000万円未満の法人であれば、会社設立後、2年間は消費税が免税となります。

免税とは、文字通り、税金が免除されることで、納めなくてもよいということです。

したがって、1,000万円以上にしなくてはならない理由が特になければ、会社を設立する際の資本金は1,000万円未満としたほうが有利になります。

大阪の税理士 足立会計事務所(大阪市、堺市、東大阪市、八尾市) トップページへ