定款とは

■定款とは


定款とは、会社の屋号(名前)、事業の目的、本店の所在地、資本金額、株式、組織、運営など、会社の基本的な事柄を記載した書類のことをいいます。

これは会社法の規定により、業種を問わず、ずべての会社に義務づけられているのです。

定款に記載された事柄は法的な効力を持つために、定款は「会社の法律」などと呼ばれています。わかりやすくいうとと定款は会社のルールを定めたルールブックのようなものです。

会社はこの定款に沿って自主的に運営されますが、この自主運営のことを定款自治と言うそうです。


■定款の効力とは?


定款に法的な効力をもたせるためパワーがあります。

そのためには、まず必要な内容がしっかりと記載されていなければいけません。
このように定款に絶対に記載しなければいけない項目を絶対的記載事項といいます。
例えば、会社の屋号や、事業の目的、また本店所在地などのことですね。

そのほかにも、相対的記載事項と任意的記載事項があります。
相対的記載事項は記載しなくても定款自体は有効ですが、記載しなかった場合は無効になるという項目です。例えば株券の譲渡制限や、株券の発行、また取締役会の設置などがあります。

任意的記載事項は必要に応じて書けばよいので、記載がなくても定款として認められます。
例えば事業年度や株主総会の開催時期、配当金に関することなどがあります。

また作成した後に、定款に記載した内容を株式会社設立後に変更したい場合、
株主総会の特別決議にかけて、それが登記事項であれば法務局に変更登記を申請しなくていけないので結構大変手間がかかりますから、最初の段階でしっかりと作成しましょう。

大阪の税理士 足立会計事務所(大阪市、堺市、東大阪市、八尾市) トップページへ