有限会社の設立ができなくなりました!

以前は、資本金が300万円以上で有限会社を設立することができました。

有限会社は、「役員の任期が不要であること」などの、メリットがありました。

しかし、会社法施行後は、株式会社に一本化され有限会社制度は廃止されましたので、新しく有限会社を設立することはできなくなりました。

現在でも多くの有限会社が存在します。
会社法施行前に有限会社を設立している場合には、「特例有限会社」としてそのまま事業を継続できます。
特例有限会社にするには、特別に何か手続きをする必要はありません。

また特例有限会社は、必要であれば株式会社へ移行することも可能になっています。

ただし、有限会社から株式会社に変更にした後、もう一度有限会社へ戻すことはできませんので注意が必要です。

大阪の税理士 足立会計事務所(大阪市、堺市、東大阪市、八尾市) トップページへ